商品検索 検索
とっぷ こだわり 新着商品 店舗・店長紹介 お問合せ ぶろぐ お買い物ガイド
買物籠

現在買物籠に

  アイテム

  ¥

  の商品が入っています。
 
籠の中身を見る・籠へ移動
品名
 
ブログカテゴリー

S中国茶の話(37)
S中国のお話(1)
Sバンブー茶館(2)
S茶壺(3)
ブログ月別

ブログ絞り込み

中国茶の話
S無農薬有機鉄観...
S仏陀壺で鉄餅を飲む
S潮州鳳凰山20...
S今年の新茶
S銀のやかん
S中秋節
S老鉄観音
Sお茶請け
S鉄観音茶王賽
S鳳凰単叢雪春、...
S7581茶磚緑...
S武夷山散歩・筏から
S武夷山散歩・内山
S武夷山散歩
S鳳凰山品茶会風景
S岩茶の無性繁殖...
S武夷岩茶
S大紅袍の火入れ
S武夷山・大紅袍
S石古坪村と烏東山
S鳳凰山品茶会
S茶産地情報
S餅茶の飲み方
S無農薬有機茶と...
S茶藝について
S潮州式工夫茶
Sプーアール茶を淹れる
S中茶牌を飲む
S茶杯
S湯を沸かす
S武夷山1999
S老仙翁を品茶する
S謹賀新年
S陳年プーアール...
S潮州鳳凰山
S包種
S雪片と雪片頭
応相談商品について

お客様に安心してご購入して頂けるよう他のお客様には、お値段を伏せてご購入して頂ける仕組みになっております。

 

お気に入りの商品が御座いましたらお気軽にお問い合わせください。

 

お値段が決まりましたら、メールで専用URL・ID・パスワードを発行いたします。

 
詳しくはこちら
メールマガジン
注意事項

・当サイトではJavaScriptを使用しています。

 

・JavaScriptが無効になっている状態ではご使用できません。

 

・Mac用のInternet Explorerについては、ご使用できません。

ブログ

2008/03/01     餅茶の飲み方
プーアール茶餅茶どうやって崩して飲んだらいいですか?」

というお問い合わせをよくいただきますので、今回は餅茶を丸のままから崩して飲むまでを画像でご紹介します。

今日は90年代熟茶銘品と言われる后期7572餅茶を崩してみます。



この餅茶唐人工藝出版・普【シ耳】茶譜P88#71后期7572餅茶として紹介されています。




この7572餅茶というのは70年代中期に【孟カ】海茶廠がつくったものですが、最初のものは生茶でした。しかしその後は熟茶の定番として今日まで続いています。

この90年代后期7572餅茶は茶葉の品質が高い上に製茶の技術が進歩したこともあり、熟餅銘品としてプーアール茶ファンのコレクター・アイテムとなっています。

現在は市場で本物に出会うことはほとんどありません。





まず、餅茶はこのような包装紙に包まれています。重量はだいたい350g前後が普通です。



裏面から包装紙を解くと、普通の餅茶はこのように中心が凹んでいます。
これは茶葉を固めるときに包む布の締めの部分の跡が残っているからです。
鉄餅と呼ばれる鉄の型で固めたものにはありません)



そして裏返すと餅茶表面が出てきます。表面は小さめの茶葉を使いますので光沢があってきれいです。この技術の高さは【孟カ】海茶廠ならではのものです。



表面には内飛と呼ばれる小さな四角いラベルが貼られています。
これは【孟カ】海茶廠90年代に使用していた内飛です。

とは広東語と言う意味です。

この言葉からも、いかにプーアール茶は古くから広東に根付いていたのかが分かりますね。



次にこの餅茶を崩すわけですが、これには専用の削刀が売られています。



これらがプーアール茶専用削刀です。
握りやすく自分の手に合ったものを選ぶことをおすすめします。


そして餅茶の崩し方です。
これは人によって様々ですが、かめきちは華僑プーアール茶コレクター達の崩し方が一番合理的だと思います。





まず餅茶エッジの部分削刀を差し込み、左右に捏ねるようにして、これを餅茶周りに沿って半円分やります。




そしてそのエッジの割れ目に指を入れて縦に裂くように割ります。
なぜこのような割り方をするかと言うと、プーアール茶には非常に偽物が多く、偽物は表面はとてもきれいですが中心部の茶葉が粉状になっていたり適当でない茶葉が使われていたりするからです。




このように崩して中心部の茶葉を調べるのです。



1枚の餅茶を崩すとこの位の量になります。



これは約5gの茶葉です。150cc茶壺で淹れてみます。

このときに気を付けないといけないことは、餅茶表面中心部裏面茶葉の等級が違いますので、それらが出来るだけ均等になるように茶葉を集めることです。

表面だけを削ったり裏面だけを削ったりしてはいけません。
それだと餅茶ブレンドの意味がなくなってしまいます。




茶壺茶葉を淹れるときは、塊のままではなく、少し小さく崩してから入れます。そうでないと洗茶をしても一煎目から美味しい茶湯は出ません。



一度洗茶してから一煎目の湯を注ぎます。



その上から洗茶した茶湯をかけます。

このとき、青茶なら茶壺の表面が乾くのを待ってから茶海に注ぎますが、プーアール茶の場合はすぐに茶海に移します。



最後は気持ち良くすっ茶湯が切れると完璧です。




銘品らしく、とても透明感のある美しい湯色です。

バランスのとれた甘い風味が広がります。

本当に美味しい熟餅です!



※今日崩したこの后期7572餅茶を25g入り12パック限定の特価で販売します。
この機会にぜひどうぞ!


購読する 解除する 詳しくはこちら