商品検索 検索
とっぷ こだわり 新着商品 店舗・店長紹介 お問合せ ぶろぐ お買い物ガイド
買物籠

現在買物籠に

  アイテム

  ¥

  の商品が入っています。
 
籠の中身を見る・籠へ移動
品名
 
ブログカテゴリー

S中国茶の話(37)
S中国のお話(1)
Sバンブー茶館(2)
S茶壺(3)
ブログ月別

SS年月(SQL: select count(*) AS count_num from v_blog_contents where v_blog_contents.condition = 1 and v_blog_contents.input_date LIKE '%S%'; ERROR: 1146 : Table 'chakandb.v_blog_contents' doesn't exist)
応相談商品について

お客様に安心してご購入して頂けるよう他のお客様には、お値段を伏せてご購入して頂ける仕組みになっております。

 

お気に入りの商品が御座いましたらお気軽にお問い合わせください。

 

お値段が決まりましたら、メールで専用URL・ID・パスワードを発行いたします。

 
詳しくはこちら
メールマガジン
注意事項

・当サイトではJavaScriptを使用しています。

 

・JavaScriptが無効になっている状態ではご使用できません。

 

・Mac用のInternet Explorerについては、ご使用できません。

ブログ

2008/12/15     鳳凰単叢雪春、秋、雪片
鳳凰単叢は一般に春茶と冬茶(雪片)が有名ですが、春先3月のまだ寒い時に摘む最初の春茶があります。これを「雪春」と呼びます。









雪春蘭花香




最初の春茶と言うべきか、最後の冬茶(雪片)と呼ぶべきか微妙な時期のお茶なのですが、かめきちはその香りから「最後の雪片」という解釈をしています。


この「雪春」は今年の春茶の時期にはすでにあったのですが、香りの型が雪片に近いため、今年の冬まで出さずに持っていたものです。

雪片の風味の中に微かに春茶の香りが出てきて、とても季節感のある風味をしています。







春茶が終わって夏が過ぎると烏東山に秋がやってきます。烏東山は高山なので「雪片」はできません。その烏東山に霜が降りる前に摘む最後の秋茶があります。

これを「高山秋茶」と呼びます。良いものは希少です。











秋蘭花香




春茶の花香の中に雪片の風味が微かに加わり、季節の移り変わりを感じます。


この高山の秋茶が終わると鳳凰山に「雪片頭」と呼ばれる最初の雪片が出てきますが、これは去年皆さんにご紹介しましたので今年は買いませんでした。



そして11月の終りから12月の頭にかけて雪片単叢を積みます。今年は気温が少し高かったので例年よりやや遅く摘みましたが、12月5日ごろから鳳凰山に雨が降り霜が降りたため、今年の雪片は良質のものが少なくなっています。











雪片蘭花香





これらの季節が異なる3種類の蘭花香を飲み比べると、鳳凰単叢の風味が季節によりどのように変わっていくのかがわかります。


ぜひ飲み比べてみてください。


 [関連商品]
購読する 解除する 詳しくはこちら