商品検索 検索
とっぷ こだわり 新着商品 店舗・店長紹介 お問合せ ぶろぐ お買い物ガイド
買物籠

現在買物籠に

  アイテム

  ¥

  の商品が入っています。
 
籠の中身を見る・籠へ移動
品名
 
ブログカテゴリー

S中国茶の話(37)
S中国のお話(1)
Sバンブー茶館(2)
S茶壺(3)
ブログ月別

SS年月(SQL: select count(*) AS count_num from v_blog_contents where v_blog_contents.condition = 1 and v_blog_contents.input_date LIKE '%S%'; ERROR: 1146 : Table 'chakandb.v_blog_contents' doesn't exist)
応相談商品について

お客様に安心してご購入して頂けるよう他のお客様には、お値段を伏せてご購入して頂ける仕組みになっております。

 

お気に入りの商品が御座いましたらお気軽にお問い合わせください。

 

お値段が決まりましたら、メールで専用URL・ID・パスワードを発行いたします。

 
詳しくはこちら
メールマガジン
注意事項

・当サイトではJavaScriptを使用しています。

 

・JavaScriptが無効になっている状態ではご使用できません。

 

・Mac用のInternet Explorerについては、ご使用できません。

ブログ

2009/02/03     お茶請け



寒い時は火鉢です。

炭は、「炭屋」(高知市鏡吉原)の一歩君が焼いた雑木を使っています。










この火鉢で「ひがしやま」を炙ります。


高知では干し芋のことを「ひがしやま」と呼びます。


子供のころから「ひがしやま」と呼んでいたので、この呼び名は全国的なものとばかり思っていましたが、どうやら高知だけみたいです。


高知の西の果て、足摺岬をまわったところに「大月町」という町があります。その「大月町竜ヶ迫」(たつがさこ)の名産がこの「ひがしやま」です。


かめきちは「たつがさこ産」の「ひがしやま」が一番美味しいと思っています。







「ひがしやま」にはどんな茶でも良く合います。


今日はプーアール茶を飲みながら「ひがしやま」を齧っています。



外は小雨が降っていて少し肌寒いですが、火鉢に当たりながら「ひがしやま」を食べると、なんだか心からぽかぽかしてくるような気がします。



購読する 解除する 詳しくはこちら