商品検索 検索
とっぷ こだわり 新着商品 店舗・店長紹介 お問合せ ぶろぐ お買い物ガイド
買物籠

現在買物籠に

  アイテム

  ¥

  の商品が入っています。
 
籠の中身を見る・籠へ移動
品名
 
ブログカテゴリー

S中国茶の話(37)
S中国のお話(1)
Sバンブー茶館(2)
S茶壺(3)
ブログ月別

SS年月(SQL: select count(*) AS count_num from v_blog_contents where v_blog_contents.condition = 1 and v_blog_contents.input_date LIKE '%S%'; ERROR: 1146 : Table 'chakandb.v_blog_contents' doesn't exist)
応相談商品について

お客様に安心してご購入して頂けるよう他のお客様には、お値段を伏せてご購入して頂ける仕組みになっております。

 

お気に入りの商品が御座いましたらお気軽にお問い合わせください。

 

お値段が決まりましたら、メールで専用URL・ID・パスワードを発行いたします。

 
詳しくはこちら
メールマガジン
注意事項

・当サイトではJavaScriptを使用しています。

 

・JavaScriptが無効になっている状態ではご使用できません。

 

・Mac用のInternet Explorerについては、ご使用できません。

ブログ

2011/06/28     潮州鳳凰山2011年春
今月上旬に潮州鳳凰山に行ってきました。そのときのレポートです。



潮州に着いたらまず最初に食べるのがこの鵞鳥です。かめきちの大好物です。こんなにおいしい鵞鳥が食べられるのは中国広しといえども潮州だけだと思います。

鵞鳥をたらふく食べてから鳳凰山に向かいます。鳳凰山に上る前に鵞鳥を食べるのがこの十年の儀式のようになっています。




韓江を渡ると一路鳳凰山に向かいます。この道を右に曲がって行けば鳳凰山の登り口です。




ちょうどヤマモモが旬の時期で道端でおばちゃん達がこのように籠に盛って売っています。一籠20元(300円弱)で買って食べながら鳳凰山を目指します。






鳳凰山を登り始めたらすぐの所で黄枝香を摘んでいました。このあたりはまだ低地と呼ばれる場所で、このあたりの茶園の茶葉を買うことはありませんが、茶農に今年の出来などを聞いてさらに上に向かいます。




このような道をどんどん上っていきます。




しばらく行くと周りの風景が「高山」になってきます。




向かいの正面に烏東山の山頂が見えてきました。高山の気候は変わりやすく山頂付近は霞んで見えます。




烏東山の山頂にはこのような軍のレーダー基地があります。




しばらく上っていくと丹湖村に到着しました。そこで一軒の茶農の家に行きました。入り口でワンちゃんが出迎えてくれています。




庭先では摘んだばかりの白葉単叢を日光萎凋していました。




茶農に案内されて茶園の茶樹を見に行きました。この樹は斜門黄枝香単叢です。




こちらは八仙単叢です。




そしてこれが高山型の白葉単叢です。潮州郊外の嶺頭茶区(低地)で栽培される白葉単叢(嶺頭単叢)とは風味が全く異なります。これが正式に鳳凰白葉単叢と呼ばれる茶樹です。




茶園から戻ると比賽会では常連の茶農の方が出来たての八仙単叢を淹れてくれました。




しかしこの茶葉の量には驚かされます。毎度のことですが、潮州の茶農が淹れる茶葉の量は半端ではありません。




数十年間単叢を作り続けてきた茶農の手で丁寧に淹れてくれました。素晴らしい風味の茶でした。




お茶請けにちまきを出してくれました。ちょうど中国の端午節の時期で、中国では端午節に各家庭ではいろいろなちまきを作るのです。


このように鳳凰山ではいろんな品種ごとに各地の茶農を訪ね茶葉のサンプルを集めてから品茶します。毎日徹底的に品茶を繰り返し、日本の皆様に納得していただける茶葉を見つけるのです。


今年は蜜蘭香単叢の出来が良く、毎日品茶を重ねました。







今年の鳳凰単叢は蜜蘭香をはじめ全ての茶葉において最高のものと自負しております。

ぜひご賞味ください。


 [関連商品]
購読する 解除する 詳しくはこちら